物理的な故障が発生したときの対処法

持ち込み修理を依頼する

スマートフォンを使っていると、手元が滑ってしまって道路や床に落下させるケースがたまにあります。落下の勢いが強い場合は、本体角や液晶面の破損といった重い症状になってしまい、再起動が不可能になったり画面が見えづらくなる事で修理が必要となります。このような物理的な故障をした場合は、自分で修理をするのではなく、専門知識が豊富な業者への持ち込み修理をした方が良いでしょう。修理は、民間修理業者の店舗か大手携帯電話会社(キャリア)の店舗に持ち込めば直してもらえます。民間修理業者は、故障した機種の部品があれば即日か翌日までに修理を終えてくれるので、出来るだけ早い内に自分の元に戻して使いたい方の利用に向いています。

キャリアショップの対応について

キャリアの端末補償サービスに加入しているユーザーは、リーズナブルな料金で修理対応してもらう事が可能です。店舗に持ち込んだ後の流れは、店員に故障状況を目視で確認してもらった後に修理見積を取り、見積提示金額に納得がいった場合は修理依頼をします。キャリアの修理依頼は宅配便でも承っていて、修理依頼を専用のページでした後に修理端末発送用の段ボールが送られてくるので、端末を梱包して修理工場に発送します。なお、これらの修理は通常で1週間から2週間程度で終わりますが、短期で済ませたい場合はリフレッシュ品への交換も可能です。リフレッシュ品は新品ではないものの、中古品の基盤や液晶などを再整備した端末を入手出来るので、品質の高い製品に仕上がっています。