物理的な故障の原因について

衝撃で割れてしまう画面

落としたり踏んだり、スマホ本体に過度の衝撃を与えてしまうと、本体は無事でも画面が割れてしまうことがあります。画面が割れた場合は、表面のガラスだけが破損している場合もありますし、その下の液晶まで破損している場合もあります。壊れたのがガラスだけならば、タッチ操作に問題がないので、そのまま使い続けられるかもしれません。しかし、液晶まで壊れてしまった場合は、操作するのは難しいので交換が必要になります。もちろん、ガラスだけの破損だとしても、ひび割れた見た目は悪く、いつ操作不能になるか分からないので交換したほうが無難です。業者やメーカーに頼めば、すぐに交換してもらえるので、修理に対応するサービスを探してみましょう。

ボタンは劣化することで故障する

タッチパネルの操作だけではなく、物理的なボタンも一緒に使うスマホもあります。物理ボタンは便利なのですが、使っていると、劣化をしてしまいボタンが壊れる可能性があります。押し込まれたまま戻らなくなったり、反応が鈍くなったりしますので、不便に感じてしまうでしょう。ゴミが詰まって動きが悪くなることもあるため、予防したいなら、汚れないように日頃から清掃するとよいです。なお、完全に壊れた場合は、画面と同じように業者やメーカーに頼む必要があります。ただ、画面の修理よりも安く済むので、安価で快適なスマホを取り戻せます。また、交換用のパーツが売られているスマホならば、自身で分解して、壊れたボタンを新しいものへと交換することも可能です。